HOME> 維持・補修・材料・機械

維持・補修・材料・機械

道路構造物の本来の機能を維持するために開発された、多種多様な補修方法や材料及び機械を紹介します。

    桁端狭隘部における調査・診断・補修技術
    NSRV工法

  • 桁端遊間狭隘部の目視確認および内在塩分量の調査を可能にすると共に、限られた時間内での補修を実施する工法です。

    SSI-除塩工法


  • 塩分吸着剤を活用しコンクリート表面から強力に除塩して鉄筋腐食を未然に防止します。

    橋梁伸縮装置部 小遊間止水工法

  • 狭い遊間の止水を可能とする小遊間止水工法を開発しました。

    分割鋼製ジョイント二重止水工法

  • 鋼製製品ジョイントの弱点であった施工継目部からの漏水を、独自の止水ゴムシートと発泡シール材により解消する二重止水工法です。

    橋梁桁端部塩害対策 簡易水切り


  • 塩害による損傷から橋梁桁端部を予防します。

    橋梁桁端部・狭隘部 塩害対策電気防食補修工法
    GECS工法

  • 橋梁の再劣化予防およびライフサイクルコストの低減化をはかります。

    コンクリート補修モルタルセット
    ふりもみぺったん

  • 鉄筋腐食などによる小断面欠損部の補修を簡単に行うコンクリート補修モルタルセットです。

    クサカルゴン


  • のり面・斜面の作業現場でも、高低の雑草から、くま笹・竹藪・雑木まで、きれいに刈り込みます。

    排水管自在アーム
    (橋梁排水管伸縮自在取付け金具)

  • 橋梁躯体からの詳細な距離計測がいらない橋梁排水管伸縮自在取付け金具です。

    ピカッティ
    (車線分離標洗浄機)

  • 対面交通区間に設置している車線分離標の洗浄作業の安全と省力化を実現します。

    Keep dry E -埋設型止水装置-

  • コンクリート橋のなかでも超小遊間部を対象とし、優れた止水機能・耐久性及び経済性にすぐれた新埋設型ジョイントです。

    S&SD drain -舗装浸透水排水装置-

  • 舗装路肩導水帯の排水および舗装と床版防水工の間の水を排水する機能を併せ持った新型のドレーンです。

    エネルギー吸収型 チェーン式落橋防止装置

  • スリット加工を施した鋼管の塑性変形により、大規模地震時の運動エネルギーを効果的に吸収します。

    ティフ・ブレア植生シート 省管理シーバ

  • 省管理型芝草(ティフ・ブレア)の初期導入コストの低減が可能な植生シートです。

    2WAYドレイン(路面冠水対策用排水溝)

  • 縦断勾配の緩い箇所で発生する冠水を内部の水路に落とし込み、接続された集水桝へ導くことで、道路冠水を防止します。

    エラスト・ドレン(軟質P.V.C 製樋)

  • ボックスカルバートなどの継目からの漏水対策などに使用します。

    スキットスクリーン(たて排水溝用スクリーン)

  • 小動物侵入の防止がはかられ、維持管理性も併せて向上。

    橋梁桁下部補修技術

  • 最小12cmの狭小部にもぐり込みウォータージェット工法WJ(R)による橋梁上部工桁端狭小部のコンクリートはつりを可能にしました。

    プレキャストRC・スマートウォール

  • プレキャスト製のRCパネルを型枠として設置し、内部にグラウトモルタルを充填することにより一体化を図り、早くて安いコンクリート構造物補修を実現。
ページトップへ